ホーム / Smart Factory 導入支援

スマートファクトリー導入支援

スマートファクトリーとは

スマートファクトリーとは、一般的にIoTやAIなどの先進技術を用いてデータ活用・分析を行い、業務プロセスの改革、品質・生産性の向上、稼働の効率化を実現する工場と定義されています。

具体的に何ができ、どんなメリットがあるのか

なぜベトナムでスマートファクトリーが最近注目されているのか、その大きな要因は技術の進歩にあります。特にIoTやAIなどで製造現場のデータの収集能力、分析能力、確認方法の利便性を、今までよりはるかに向上させることができるようになりました。

スマートファクトリー実現への課題

これまでの説明で、ベトナムでのスマートファクトリー実現におけるデータ(いわゆるデジタルデータ)の重要性をご理解いただけたかと思います。しかし、スマートファクトリーの成功を目指すにあたり、特にベトナムに進出されている日系製造業にはこの他に様々な課題を抱えているケースもあります。

  • 持っているデータを有効活用できていない

現在、データの取得に力を入れている企業は少なくないですが、それを最大限に活用できていない事例が多いです。 下記はデータ活用度をレベルごとに分類したものの一例です(判断基準によりレベル分けの内容が異なる場合もあります)。

レベル1:データの取得はしているが、整理されていない。
レベル2:データは整理されていて、ある程度分析に使えるが、手動での操作が多い。
レベル3:データの取得から分析まで自動的に実施している。
レベル4:データの分析結果に基づいて、人間の判断が無くても適切な行動を導きだすことができる。

  • 目的を明確にせず、無駄なコストを投資している

上記とも関連しますが、スマートファクトリーの初期段階に目的を明確に定めず、データ取得のために必要以上に多くのセンサーを付けたり、オーバースペックなマシン、システムを導入したりするケースが見られます。しかし、具体的な目標が無いため実際には効果に繋がらないことが多く、費用対効果に無駄が発生しています。

  • 現場スタッフとの調整や、育成が進んでいない

ベトナムへ進出してからの期間が長ければ長いほど、現場の経験、判断力に頼りがちになり、属人化の課題が大きくなります。こうした状況でのスマートファクトリー導入には、現場スタッフの理解と調整が不可欠となるため、この部分が大きな課題となり得ます。

 

エグゼベトナムだからこそ提供できる価値

 

  • 自社の強みとパートナー企業の強みをそれぞれ活かして、トータルソリューションを提供

日本・ベトナム現地にも製造業様のシステム導入を多数担当してきた弊社はこれまでの経験を活かし、お客様へ適切なソリューション、導入方法を提案します。そして、製造業を専門としている日系とローカル系のコンサルティング企業やセンサーメーカー企業、BI製品企業など、多くのパートナー様から御社の課題に合わせ適切な選定を行い、最適なソリューションをご提供します。

  • 日本人管理者と現場ベトナム人従業員の双方へヒアリング、調整

システムをコントロールするPMは基本的に日本語ができるメンバーが対応させて頂きます。同一の担当者が、日本人管理者様から現場担当のベトナム人リーダー・担当者様までヒアリングを行い、調整することによって、認識の違いを確実に防ぎます。

  • スピーディーな改善を実現するプロセスと、万全なサポート

課題になっている目の前の一部分をデジタル化して解決するだけでは、大きな効果は期待できません。スマートファクトリーの初期フェーズでは、経営者をはじめ全社として構想図を描き、同じ方向へ進めることで成功に大きく近づくことができます。しかしながらプロジェクトが長期に渡り、現場の業務に影響が出続けることになると、今度は現場からの抵抗感が出てしまいます。
こうした傾向があることから、弊社の対応プロセスではコンサルから入り、構想図ができた後にスピーディーに実施、完了後には万全な現地サポートの元、改善・拡張を繰り返し、確実に導入を推進できるように工夫しています。

サービスのお問い合わせ

    以下のフォームに情報を入力してください